日本の対馬を舞台としたオープンワールドのアクションゲーム「Ghost of Tsushima」の紹介

みなさんこんにちは!

今回は話題沸騰中の人気ゲーム「Ghost of Tsushima」(ゴーストオブツシマ)を紹介していきたいと思います。まだ発売されたばかりのゲームですのでこの記事を見て、少しでもGhost of Tsushima の世界観を感じ取っていただけたらと思います!

『Ghost of Tsushima』 未曽有の動乱、日本上陸。

日本の対馬が舞台となる「Ghost of Tsushima」

PS4専用ソフト、「Ghost of Tsushima」は「Sucker Punch Productions」(アメリカ)が開発したアクションアドベンチャーゲームです。2020年7月に発売されたこのゲームですが、週間売り上げでも、「あつまれどうぶつの森」に続き2位を記録しています。

舞台は鎌倉時代、モンゴル帝国が侵略してきたいわゆる『元寇』の時代です。主人公は出身地である対島で生活している武士でしたが、モンゴル帝国の侵略を受け、敗北。捕らえられたところを仲間に救出されモンゴル帝国への復讐と残された仲間の救出を誓います。

主人公の境井仁は武士ですが、モンゴル帝国の前になすすべもなく敗北したことを受け、武士を捨てて、冥人(くろうど)として敵と戦うことになります。

アクション、そして高画質が魅力!

このゲームの最大の売りは、なんと言ってもアクションです!

武士である主人公をオープンワールドで操作して戦っていくわけですが、敵の攻撃がとにかく強いです。一、二発で致命傷となるため一瞬の油断で敗北してしまいます。ただしそれは相手にとっても同じなため、一発の攻撃をしのいで攻撃を当てるという、手に汗握る展開が繰り返されます。

「一騎打ちモード」では、一瞬で勝負が決するため、総じて難易度はなかなか高いゲームになっています!特に注目なのが「主人公が冥人になる」という点です!もともとは武家出身のため、刀の扱いに長けており、刀での戦いがメインですが、暗殺術なども駆使して戦う必要があります。敵の裏をとって奇襲を仕掛ける、暗具を使って遠距離から仕留めるなど、多彩な戦いが可能になっています。さながらメタルギアソリッドのような緊迫した戦闘となっています!

そして、オープンワールドでの高画質も魅力です。

当時の鎌倉時代を高い再現性で表したマップは感動を覚えます!階段の様子や、光の差込具合、さらには四季折々の風景で臨場感を醸し出してくれます。広大なオープンワールドのため、高い解像度が要求されますが、さすがはPS4専用ソフトといった感じです。

海外が制作拠点とのことですが、日本の時代背景をしっかりと捉えた、非の打ちどころのない再現度の作品となっています。細部にまでこだわった、研究し尽くされたソフトと言えるでしょう!

この手に汗握るアクションを是非あなたの手で!

Ghost of Tsushimaは間違いなく良作です!最初に始めるアクションアドベンチャーとしては難易度が高めで少々苦戦するかもしれませんが、難易度も調整できるので、さほど問題ではないかと思われます。あっという間にGhost of Tsushimaの世界観に引き摺り込まれる印象です!まさに一本の映画を見ているかのようなクオリティを体験することができます。皆さんもぜひ購入してプレーしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました