低スペックのPCでも遊べるおすすめのゲーム【テラリア】

terraria【テラリア】 サンドボックス
terraria【テラリア】

Terraria【テラリア】はどんなゲームか

テラリアはSteamで販売されているサンドボックスのPCゲーム。

探索・建築・クラフト・戦闘を楽しめる横スクロールのゲームで、マイクラを2Dにしたゲームと評されることもあります。

テラリアのゲームに登場するオブジェクトはマイクラと同じくすべて破壊可能なブロックでできており、武器を使って壊すとアイテムとして入手できます。

入手したアイテムは自由に配置できるので家の壁や屋根にしたり、複数のアイテムを組み合わせて別のアイテムを作ることも可能。ゲーム性は探索や戦闘などのアクション要素が強め。

テラリアの面白さと魅力

地下深くまで自由に探索するだけでも面白く、豊富なアイテムやボスとの戦闘がテラリアの魅力。

地中には洞窟も存在しており、強力な武器などを作るために必要となる貴重な鉱石などが眠っている。貴重なアイテムを入手した後のクラフトも面白いが、目当てのものを発見するための探索だけでも面白い。

テラリアに登場する装備は剣や鎧といった一般的なアイテムだけではなく、銃や魔法などの特別なものもあります。また、グラップリングフックやジェットパックなど移動の幅が広がるアイテムもあり、作成できると探索できる場所も広がっていくでしょう。

テラリアはオンラインでのマルチプレイにも対応しており、一人で黙々とプレイするだけではなくフレンドと協力プレイもできます。マイクラと同じようにマルチプレイができるのも、Steamで人気がある理由の一つです。

Terraria: Journey's End

テラリアのおすすめポイント

テラリアはマイクラと同じクラフトなどを楽しめるサンドボックスゲームでありながら、3Dではなく2DなのでハイスペックなPCは必要ありません。

Steamで発売が開始されたのも2011年とかなり前なので、一昔前のパソコンでも十分に動きます。

現在のパソコンなら高性能なグラフィックボードやCPUを積んでいなくても快適に遊べて、安い低スペックのノートパソコンでも十分に遊べます。

またSteamでの販売価格は、980円と1,000円を切る安い値段です。

定期的に開催されているセール時には、ワンコインで買えるほど安くなります。

値段は安いもののゲーム内容はマイクラに負けず劣らず高く評価されており、一旦ハマるとやめ時がわからなくなるほど熱中する人もいるほどです。コストパフォーマンスは、非常に高いゲームと言えるでしょう。

要求スペックも低く値段も安いテラリアは、Steamのゲームでも間違いなくおすすめできる一本です。気になった方は購入してみてはどうでしょうか。

テラリアの必須・推奨スペック

必須スペック

OS : Windows Xp, Vista, 7, 8/8.1, 10
CPU: 2.0 Ghz
メモリー: 2.5GB
グラフック: 128mb Video Memory, capable of Shader Model 2.0+
ストレージ: 200MB 
DirectX: 9.0c or Greater

推奨スペック

OS : Windows 7, 8/8.1, 10
CPU: Dual Core 3.0 Ghz
メモリー: 4GB
グラフック: DX11 Compatible GeForce 760 or AMD HD 8800 or higher with 4GB of RAM
ストレージ: 200MB
DirectX: 9.0c or Greater

タイトルとURLをコピーしました